• ホーム
  • 消化器外科学教室Ⅰのご案内
  • 診療のご案内
  • 研究のご紹介
  • 研修医募集

お知らせ

お知らせ

第3回札幌外科漢方セミナーが開催されました

[投稿日] 2019.10.21 お知らせ

20191018日、札幌グランドホテルにて第3回札幌外科漢方セミナーが開催されました。

はじめに、特別講演1として北海道医療センター 外科系診療部長 川村秀樹先生の座長のもと、札幌東徳洲会病院 先端外科センター センター長 河野透先生から『今日のがん治療を支える漢方薬の基礎的エビデンス』をご講演いただきました。LC-MS/MSを駆使した成分分析から、生薬毎のin vitro, in vivoの圧倒的なデータをご紹介いただきました。これらの科学的データより漢方薬の内服の適切なタイミングなどご教授いただき大変勉強になりました。

続いて、特別講演2として当教室 武冨紹信教授の座長のもと、徳島大学大学院医歯薬学研究部 消化器・移植外科学 島田光生教授をお招きし『外科漢方のOrthodox & Serendipity』と題してご講演を頂きました。徳島大学に赴任されてからの漢方研究の変遷、全国規模の大建中湯のRCTの結果などご紹介いただきました。また大建中湯の腸管蠕動以外の作用についてのデータもご提示して頂き、漢方薬の可能性を期待させる内容でした。日常診療で漢方を処方する機会は多いですが、その機序については理解しておらず、両講演を通して漢方に対する知識が深まる機会となりました。

外科領域における漢方のトップランナーのお二方が一堂にご講演されるとあって、週末のお忙しい時間にもかかわらず非常に多くの先生方にご参加頂き大変盛況な会となりました。その後の情報交換会においても多数の方に参加いただき大変有意義な時間となりました。

特別公演をして頂きました島田光生教授、河野透先生を始め、ご参加いただいた先生方に厚く御礼申し上げます。

(文責 加藤 紘一)
 

一覧に戻る