• ホーム
  • 消化器外科学教室Ⅰのご案内
  • 診療のご案内
  • 研究のご紹介
  • 研修医募集

お知らせ

お知らせ

第6回北海道小児外科フォーラムが開催されました。

[投稿日] 2018.10.17 お知らせ

平成301012日、札幌プリンスホテルにて第6回北海道小児外科フォーラムが開催されました。 

まず初めに、北海道大学大学院 医学研究院 消化器外科学教室Ⅰ 本多昌平助教の座長のもと、「小児におけるインフルエンザの治療」と題し、北海道大学病院感染制御部 石黒信久教授にご講演頂きました。

インフルエンザについて疫学から診断・治療に至るまで、新規抗インフルエンザウイルス剤であるパロキサビルの作用機序など最新の知見も交え、わかりやすく解説して頂きました。

続いて北海道大学大学院 医学研究院 消化器外科学教室Ⅰ 武冨紹信教授の座長のもと、「小児低侵襲手術のcutting edge」と題し、名古屋大学大学院医学研究科 小児外科学 内田広夫教授にご講演頂きました。力を入れられている小児腹腔鏡下手術を非常にきれいな動画とともに解説して頂き、見たことのない技術に釘付けとなりました。また今後の成長を阻害しないよう小児にこそ低侵襲手術を、とまとめられ、10年後、20年後を見据えた手術を考えておられる先生の姿勢に感銘を受けました。

週末にもかかわらず多くの方々のご参加を頂き、非常に充実した時間となりました。今回ご講演頂いた先生方、ご参加頂いた先生方に厚く御礼申し上げます。

(文責:市村健太郎)

一覧に戻る