• ホーム
  • 消化器外科学教室Ⅰのご案内
  • 診療のご案内
  • 研究のご紹介
  • 研修医募集

お知らせ

お知らせ

第6回北海道サージカルインフェクションフォーラムが開催されました

[投稿日] 2017.11.13 お知らせ

2017年11月10日、ニューオータニイン札幌におきまして、第6回北海道サージカルインフェクションフォーラムが開催されました。
まず一般演題として、小樽市立病院外科 主任医療部長 越前谷勇人先生の司会のもと、当科の折茂達也が「肝切除後の胆汁漏による感染管理に難渋した一例」を発表しました。引き続き基調講演として、岩見沢市立総合病院外科 副院長・診療部長 上泉洋先生の司会のもと、慶應義塾大学医学部外科 准教授 尾原秀明先生より「術後感染症・創部感染症の予防戦略」と題し御講演頂きました。移植外科・血管外科での豊富な経験をもとに慶應義塾大学のSSIを減少させた実績を聞き大変感銘を受けました。特にMRSA保菌者に対する術前管理について具体的な方法とその効果を示され、今後の診療に直結する経験となりました。その後、特別講演として、当科教授 武冨紹信先生司会のもと、兵庫医科大学 感染制御学 主任教授 竹末芳生先生より「敗血症に対するマネジメントとSSI予防のトピックス」と題し御講演頂きました。術前胆道ドレナージ症例での抗菌薬使用の重要性、大腸手術の術前処置としての機械的腸管洗浄に経口抗菌薬の追加の重要性、術前MRSA保菌者に対するbundle approach、DM以外の症例でも血糖管理が重要などの最新の知見を御講演いただき、私を含めた参加者にとっては非常に貴重な時間となりました。
大変お忙しい中、御来札頂きました竹末芳生先生、尾原秀明先生をはじめ、ご参加頂きました多数の先生に心より感謝申し上げます。
(文責:折茂達也)
 

一覧に戻る