• ホーム
  • 消化器外科学分野Ⅰのご案内
  • 診療のご案内
  • 研究のご紹介
  • 学生・研修医の皆様へ

学生・研修医の皆様へ

  • ホーム
  • > 学生・研修医の皆様へ

学生・研修医の皆様へ

はじめに

当教室の教育に関する基本理念は、『信頼される外科医を育てる』ことです

私たちの目標は、「患者に信頼され、コメディカルに信頼され、そして社会に信頼される優れた外科医を育てる」ことです。この目標達成のため長期的でシステマティックな研修体制を整えることが必須であると考え、消化器外科Ⅰ・関連病院全体で後期研修専門医研修プログラムを卒後12年までの一貫とした教育システムとして組み立てています。2年間の初期研修終了後に3年間の後期臨床研修=一般外科研修を行い日本外科学会専門医取得を目標とします。その後7年間は専門医育成期間となっています。

当教室では、『シームレス教育』を実践しています

近年では将来をより早期に意識する学生も増えてきています。当科では多数の初期研修医、後期研修医が在籍しており、学生と研修医が接する機会は非常に多いです。そこで当科では、医学部5年生から後期研修医まで垣根のない教育を、そして後期研修医から初期研修医へ、初期研修医から学生への屋根瓦式教育を実践しております。それだけでなく、診療グループスタッフとも気軽に接することができ、スタッフ一同が、学生・研修医目線での教育を常に心がけています。

私たちが目指すのは卒後12年かけて『独り立ちした外科医』を育成すること

  1. 基本的な手術手技を習得し、安全確実な手術の遂行ができること
  2. 独立した診療計画の立案可能な医師となること
  3. 診療に必要な論理的な思考を身に着けること
  4. 患者の人権と価値観への配慮ができる、周囲と協調した診療ができること

学生、研修医と段階に応じた教育プログラムを作成しています