• ホーム
  • 消化器外科学分野Ⅰのご案内
  • 診療のご案内
  • 研究のご紹介
  • 研修医募集

診療のご案内

消化管グループ

消化管グループの特色

私たちは日々食事を摂り、栄養を吸収し、排泄することで生命を維持しています。消化管はこれらの機能をつかさどる重要な臓器で、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸(結腸・直腸)・肛門までが含まれます。当グループは消化管の悪性・良性腫瘍、炎症性疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎など)で手術が必要な疾患を対象としています。また、消化管以外の腹腔内の腫瘍やヘルニア、逆流性食道炎などの機能性疾患を対象とすることもあります。積極的な腹腔鏡手術の導入により、患者さんへの侵襲は少なく、手術精度はより高くするとともに、癌の基礎的研究や臨床研究を基盤として個々の患者さんに応じた集学的治療を組み合わせて、一人一人にもっとも適した治療法の提供と実践を心がけています。

腹腔鏡手術

腹腔鏡手術は、開腹手術と同じ全身麻酔下で行います。まずおへそに小さな孔をあけて1cm程度の細い筒(ポート)を挿入します。そこから腹腔内(腹腔:お腹の壁と臓器との間の空間のことです)に炭酸ガスを入れて膨らませ、この手術用に開発された細い高性能カメラ(腹腔鏡)を挿入します。同時に手術操作に用いる器具を挿入するために、5~10ミリの小さな孔を左右に合計4-5ケ所に開けてポートを挿入します。そして腹腔鏡で撮ったお腹のなかの様子をモニターに映し出して、消化管の切除や周囲のリンパ節の切除を行います。

この手術は、専用の高性能カメラからの拡大した鮮明な画像を見ながら行うため、従来の開腹手術では見えにくかった細かい血管や神経まで見えて繊細な手術操作が可能です。がんを確実に治すために切除すべき消化管やリンパ節の範囲は、その方の疾患の進行度によって決まるため、臓器の切除範囲は腹腔鏡下手術でも開腹手術でも変わりません。

腹腔鏡手術では傷が小さくてすむことや、術後の痛みが少ないこと、お腹の中のほかの臓器たとえば腸管などに与える影響が少ないために術後の消化管の回復が速いと言われています。早くから食事が摂れること、入院期間が短くて早く社会復帰ができることなどが利点です。

当科では、患者さんへの侵襲をさらに減らすべく、従来の4-5本のポートを入れる手術から、臍+1本にポートを減らしたreduced port surgeryにも積極的に取り組んでいます。

集学的治療

がん(悪性腫瘍)はもともとは自分の体の細胞が突然変異を起こしてがん化するものです。がんは発生してしばらくの間は発生した場所に留まっていますが、やがてリンパや血液に乗って、離れた場所に転移を起こします。がん細胞が塊を作っている時は肉眼でも見ることができますが、がん細胞がばらばらになって細胞レベルで転移していると肉眼では見ることができません。

手術療法はがん組織を切り取ってしまう治療法です。がんの組織だけを切ろうとすると心配がありますので、普通はがん組織の周りの正常組織を含めて切除します。完全に切除できればがんは完全に治りますから、治療法としては最も直接的な方法です。たとえば早期の胃がんで転移が無い場合は手術療法でほぼ100%治すことができます。進行がんの場合には、もともとのがん巣(原発巣)と転移の恐れの有る範囲よりやや広めにリンパ節を取ります。このように手術療法ではがんが原発部位に留まっているか、転移があっても比較的少数のリンパ節にとどまっている場合に治すことができます。しかし、がん細胞が血液やリンパに乗って手術の範囲を越えたリンパ節や肝臓、肺、骨、脳などの遠くの臓器に転移することもあります。このようながん細胞を治療するために、手術前あるいは手術後に抗がん剤による治療を併用することが行われています。また放射線療法を併用することもあります。このようにいろいろな種類の治療法を組み合わせて、総合的に治療を進める方法を集学的治療と呼んでいます。

主な病状と治療法

胃がん

早期がんでは無症状のことがほとんどです。心窩部不快感、胸焼けや消化不良、食欲不振、吐き気・嘔吐(おうと)などの症状が出る場合があります。詳しい検査により胃癌のできた場所や大きさ、周辺への広がり具合、他臓器に転移があるかどうか等により胃の温存程度、リンパ節廓清の程度を決定します。

大腸がん

大腸がんの症状は癌のできた部位によって異なります。S状結腸~直腸癌では、肛門に近く、便が固形状のため、血便、便が細くなる、残便感、腹痛などの症状が多くなります。一方、肛門から離れた盲腸癌や上行結腸癌では、便は液状であるため、血便や便秘を自覚することは少なく、少しずつ出血することによる貧血症状や癌の進行による腸閉塞症状(嘔吐・腹痛・腹部膨満など)・腫瘤(しこり)触知で気がつくこともあります。

炎症性腸疾患

大腸及び小腸の粘膜に慢性の炎症または潰瘍をひきおこす原因不明の疾患の総称を炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)といいます。潰瘍性大腸炎(Ulcerative Colitis)やクローン病(Crohn’s Disease)があります。粘血便、腹痛、下痢、発熱、貧血、体重減少などの症状を繰り返す場合があります。内科的治療が困難な場合や悪性疾患を合併した場合などに手術が必要になります。

患者の皆様へ

近年、胃がん、大腸がんなどで専門学会や研究会での統計に基づいた治療のガイドラインが示されています。手術前の精密検査で進行度を評価し、ガイドラインに沿った治療法を提示させていただきます。但し、疾患の進行度によっては手術前後の化学療法などを含む集学的治療を提示させていただく場合もあります。体力、年齢、病状などを考慮し、皆様ひとりひとりに最善の治療法を見つけていきましょう。治療方針に関しては外来で気軽にご相談ください。