• ホーム
  • 消化器外科学教室Ⅰのご案内
  • 診療のご案内
  • 研究のご紹介
  • 学生・研修医の皆様へ

消化器外科学教室Ⅰのご案内

消化器外科学教室Ⅰについて

当教室は1921年医学部附属病院設置とともに外科学講座が開設され、1924年外科学第二講座の新設に伴い外科学第一講座となった道内で最も古い歴史を有する外科教室です。

1999年に小児外科学分野新設(学部講座)、2001年には外科学第一講座から消化器外科・一般外科分野と改称を行いました。また寄付講座として2001年に置換外科・再生医学講座、2007年に分子制御外科学講座、2011年に移植外科学講座が誕生しております。2011年に講座再編があり、消化器外科・一般外科分野(旧外科学第一講座)は消化器外科学分野Ⅰと改称し、乳腺・内分泌外科学講座新設(診療講座)、小児外科学分野の再編入があり現在に至っております。

2011年11月に第7代教授に武冨紹信教授が九州大学より着任し、藤堂省前教授が根付かせた移植医療を含め、消化器疾患(肝臓、胆道、膵臓、食道、胃、腸)、小児外科疾患の診療全般、および乳腺・内分泌疾患は乳腺・内分泌外科学講座と共同で、最新の医学の進歩に基づく手術を中心とした集学的治療を行っています。

また北海道最初の外科教室であるため、現在教室員約160名、550名をこえる同門会員を有し、道内はもとより国内外で最先端の研究、日常の一般外科診療、地域医療と幅広く医学の発展、医療レベルの向上に貢献しています。

病院沿革

1921年
医学部附属病院とともに外科学講座開設
初代 秦 勉造教授着任
1924年
外科学第二講座の新設に伴い外科学第一講座となる
1925年
2代 西川 義英教授着任
1944年
3代 三上 二郎教授着任
1967年
4代 葛西 洋一教授着任
1985年
5代 内野 純一教授着任
1997年
6代 藤堂 省教授着任
1999年
小児外科学分野新設 佐々木 文章教授着任
2001年
寄附講座として置換外科・再生医学講座新設 古川博之特任教授着任
外科学第一講座から消化器外科・一般外科学分野に改称
2007年
寄附講座として分子制御外科学講座新設 尾崎倫孝特任教授着任
2011年
移植外科学講座新設 藤堂 省教授着任
消化器外科・一般外科学分野から消化器外科学分野Ⅰに改称
7代 武冨 紹信教授着任
2012年
乳腺・内分泌外科学講座新設 山下 啓子教授着任
2017年
消化器外科学分野Ⅰから消化器外科学教室Ⅰへ改称